【レビュー】毎日変わるダンジョンを2段ジャンプだけで攻略する『Leap Day』

f:id:digimaga:20160530205516j:plain

 毎日変わるダンジョンでゴール目指して上へ上へとジャンプしていくカジュアル2Dアクション『Leap Day』をレビュー。

2段ジャンプですべてを乗り切れ

 Leap Dayは縦方向のダンジョンをジャンプだけで登っていくジャンプゲームだ。ただし、よくある傾き操作系のゲームではない。自キャラは自動で左右に移動する仕組みであり、壁にぶつかると反対方向に折り返す。

 プレイヤーはこのキャラクターをジャンプのみで操作する。障害物も、敵も、すべてはジャンプで乗り越えるのだ。2段ジャンプをどう使うかを問われるゲームである。

 また、壁を活用するのも重要だ。ジャンプ中に壁にぶつかるとくっついて降りることができる。降りる速度は少しゆっくりなため、この落下を利用して障害物が通り過ぎるまでタイミングを調整するといったことも可能だ。

動画広告を見るか、スコアを支払うか

f:id:digimaga:20160530205518j:plain

 LeapDayは一発死のゲームのため、よくやられてしまう。しかし、やられてもすぐに中間地点からコンティニューできる。この中間地点でのセーブは、ゲーム内で獲得したスコアを支払うか動画広告を見るかの2択によりできるようになっている。

 どちらも行わない場合は、その中間地点ではセーブをしていないことになる。やられると最後にセーブした地点まで戻されるため、できるかぎりセーブはした方が良い。上手ければスコアは稼いでいるだろうし、逆に下手くそでも広告さえ見れば良いのだ。

 もちろん、スコアが足りないけど動画広告も見たくないというユーザーもいるだろう。その場合は中間地点をスルーすれば良いのだが、そんな自信過剰なユーザーに待っているのは一撃死のプレゼントである。

毎日変わるダンジョン

f:id:digimaga:20160530205521j:plain

 Leap Dayでは毎日異なるダンジョンが配信されており、その同一ステージに全プレイヤーが挑戦することになる。とは言え、ユーザー同士で争うわけではないためそこに競争はない。

 単純に毎日新しいステージが楽しめると考えれば良い。

 その日にアプリを起動すれば無償で新しいステージを遊べ、もし起動し忘れても後日、動画広告を見ることでそのときに配信されたステージが遊べるようになる。

ユーザーの熱中度に応じた広告料の変化

 Leap Dayでは基本プレイ無料でゲームを提供する代わりに、あらゆることについて動画広告が用意されている。

 本当に上手であり、しかも熱心なユーザーであれば動画広告を見ることはない。そしてほどほどの上手さ、ほどほどのプレイ頻度であればまれに動画広告の視聴が必要になり、全くアクションが上手でなかったりアプリに興味がなかったりすると多くの動画広告が必要になる。

 もちろん、これらの広告は480円のアドオンを購入すれば解除可能だ。無料で遊び続けるか、動画を見るか、アプリそのものを買うか選べるのが個人的には面白い。

Leap Dayの評価

 アクションゲームとしては良くできているが驚きはない。課金システムが面白かった。

f:id:digimaga:20160609163507g:plain

Leap Day

Leap Day

  • Nitrome
  • ゲーム
  • 無料