【スプラトゥーン】ガチマッチ初心者に知ってて欲しい6つのコツ

 ガチマッチで地道にプレイしてウデマエA+99まで到達しました。ここに来るまで何度塗りつぶされたことか……。とくに一度ウデマエAからB+まで叩き落とされたときは泣きそうになりましたが、母さん、ぼくは元気で塗っています。

 さて、ランク10に到達することで解禁されるガチマッチですが、「ナワバリバトル」と同じような動きをする味方をウデマエB帯でよく見かけます。

 「そんなんじゃあウデマエA+まで上がれんぞ!」ということで、カンスト勢より初心者に向けていくつかコツを書いておきます。これを読んでたくましいイカになってください。

1.ガチエリアを塗るべし

 ガチマッチはガチエリアを指定カウント数のあいだ確保した方が勝ちというルールです。なのに……なんでガチエリア塗らないの? お願いだからガチエリアを塗ってください。

 これはナワバリバトルじゃないんです。自陣をヌリヌリしても意味ないから! 頼む、ガチエリア塗ってくれ!

2.残りカウント数を見るべし

 ガチエリアを確保するとカウント数が減っていきます。これは敵も味方も同じですが、このカウント数の残りを見るようにしてください。

 GamePadを見ると、残り数秒でガチエリア付近にいるのになぜか裏取りに走っていくイカをちょくちょく見かけます。そういうの見るとタレをつけてイカ焼きにしたくなります。

 こちらが勝ってるときならまだしも、負けてるときの裏取りイカを見ると悲しくなります。敵の残りカウントが数秒で取り返すと+60のペナルティつくし、そもそもその時点で裏取りに行く=負け確定なのでせめてガチエリアに突っ込んでください(勝てないかもしれないけど、カウントを止められる可能性はあります。少なくとも裏取りは止められる可能性ゼロです)。

3.残り試合時間を見るべし

 ガチマッチでは、5分間の制限時間があります。残りカウントと同じ話になりますが、残り数秒なのに(以下略。

 カウント数で負けているチームがガチエリアを確保していると、延長戦(ロスタイム)に突入します。そこからの逆転とかめっちゃイカすんで、ぜひ残り時間ギリギリでもガチエリア確保目指して戦って欲しいです。

4.やりすぎな裏取りは意味なし

 こちらが押してるときになぜか敵のリスポーン地点ギリギリまで行ってバッシャバッシャやってるローラーさんとかいらっしゃるんですが、無意味なので戻ってきてください。

 あなたがそこにいると、スーパージャンプで飛んできた敵のイカたちと3対4で戦うハメになるんです。これガチマッチだから! ナワバリバトルじゃないから! そこ確保してても意味ないから!

 なお、敵のイカが全滅してる場合は遅滞行動としてちょっとだけ意味があるときがありますが、足止め=敵の数がまとまる=ローラーを倒した敵がまとまって襲ってくる、に繋がるのでやっぱりカウントギリギリ以外は意味がないです。

5.ガチエリアに入るべからず

 ガチエリアのなかでヌリヌリしてるイカを見かけますが、死んだらそこに敵のインクをぶちまけてしまうので丁重に外に出て頂きたい。ローラー使いなので転がさないと……というのは理解できますが、敵のイカを全滅させたとき以外はバッシャバッシャやってください。とくにゲーム序盤。

 ガチエリアを確保する/されるは、たいていガチエリア内にいるイカを倒したときに起こります。

6.死ぬ前に引くべし

 FPS界には「引くこと覚えろカス」という名言があります。人数的に劣勢(1対3~4)なときは、戦わずに引きましょう。

 そうすることで死に戻りの時間を回避できますし、何より味方がスーパージャンプできる場所にいてくれると素早く戦線に復帰できます。

 これがガチエリアのなかや最前線にいる、とかだとスーパージャンプの着地を狙って倒されるのでイカダッシュで戻らないといけません。

 引くことでその後の戦況が有利になることを覚えましょう。

まとめ

 以上、初心者の人に知ってて欲しい6つのコツまとめでした。ほかにもスーパーショットの溜め方やらイカセンプクやらあるんですが、それはまた次回に。

 みんながガチマッチで強くなってくれると、全体のレベルが上ってもっとガチマッチが面白くなると思うんでめげずに頑張ってください。てなわけでイカ、よろしくーーー!