【スプラトゥーン攻略】ナワバリやフェスで勝つためのポイント・立ち回り

f:id:digimaga:20160425125620j:plain

 スプラトゥーンのルール「ナワバリ」や「フェス」で頑張っているのに勝てない! そんな初心者イカのために、S+99のイカが勝つためのポイント・立ち回りを解説します。

スタートしたら敵とぶつかる場所にまず向かおう

 ナワバリだとよく「まずは自陣を丁寧に塗ってから~」というイカを見かけます。その行為は味方に負担をかけています。

 あなたがそこで塗っているあいだ、味方は「3 vs 4」の状態で敵と戦わないといけません。つまり、ステージ中央を敵チームに抑えられる可能性が高くなります。

 スプラトゥーンのステージは、中央を取られると打開が難しいものばかりです。つまり、最初から不利な状態になります。

 まずはステージの中央を確保してください。そこから敵陣を塗るなり、戻って自陣を塗るなりできます。

自陣のスタート付近はキッチリ塗ろう

 自陣のスタート付近の地面は、塗り残しがないようにキッチリ、丁寧に塗りましょう。

 なぜならスタート付近は「敵に塗り替えされる」ことがないからです。つまり、塗ったら塗った分だけポイントになります。

 「敵に塗り替えされない1ポイント」は「敵に塗り替えされるかもしれない1ポイント」より重要です。

 分かりやすいように「スタート付近」と書きましたが、「敵になかなか塗り替えされない場所」のことだと考えてください。

中央あたりは「邪魔になる塗り」を意識しよう

 敵のイカとぶつかるステージの中央あたりは、キッチリ塗ってもすぐに塗り替えされてしまいます。

 そのため、キッチリ塗るよりも敵陣側をテキトーに塗ることで、敵が前に進みにくくなる状態を作りましょう。

 敵陣側をたくさん塗ることで、結果的に前線もあげられます。

敵陣の奥深くはできるかぎり汚く塗ろう

 敵陣の奥深くに特攻できたときは、キッチリ塗るのではなくできるかぎり汚く、まばらに塗りましょう。ゲームパッドをぶんぶんと振り回しながら塗るぐらいの汚さを意識してください。

 なぜか? キッチリ塗るとキッチリ塗り替えされるからです。

 これが汚く塗ると、それらを塗り替えすのにはキッチリ塗るよりも時間がかかりますし、何よりキレイに塗り替えそうとすると時間がかかるため、少しは塗り残し=こちらのポイントが生まれます。

 もしも全部キレイに塗り替えすイカがいると、結果的にそのあいだ敵は「3 vs 4」で戦うことになります。

 どちらにせよ有利な状況を作れるのです。

残り1分から敵のインクを塗り替えそう

 ナワバリは残り1分からが勝負です。この時間をうまく使えば、もし序盤で負けていても逆転することができます。

 やられないことはもちろんですが、できるだけ敵のインクを塗ることを意識してください。

 なぜなら、敵のインクを塗ることは普通に塗るよりも倍の働きができるからです。

 何も塗られてないところを塗ると1ポイントですが、敵のインクを塗り替えすと敵のポイントが1減るため、合計で2ポイント分の働きができます。

 やられないようにしつつ、「まだ塗られてない場所」を塗るのではなく、「敵が塗っている場所」を積極的に塗りましょう。

トルネード(ファイナルクリスタルダスト)は必ず最後に撃つ

 スペシャルにトルネードを持っている場合は、終了3秒前に必ず「ファイナルクリスタルダスト」を撃つようにしましょう。

 トルネードは発動モーションに入れば試合終了後でも発射されるうえ、ステージにもよりますが塗りポイントを3~7%ひっくり返せます。

 最後の最後で敵に一番塗られている場所に撃つ。このラストのトルネードをうまく使えるようになれば、少し負けていても逆転できるようになります。